2013年04月20日

音楽制作講座1回目 Batteryでハードコアなキック音を作ってみよう

さて、今回から音楽制作のコツということで
私の知っている限りのことを不定期に流していきます。
説明が下手かもしれませんがその辺は目をつむっていただければなと(;´∀`)


まず最初はBatteryというソフトを使って
ごく普通のキック音から、ドゥンドゥン鳴るキック音を作っていく方法を紹介します。


まずBatteryを開き、適当なライブラリを開きましょう
b2p.jpg

そのまま鳴らすとこんな音になります



次に下のEffectsボタンを押して
b2p.jpg

下の画面が変わるので、Saturationの左側にある電源マークのボタンを押して
ランプを光らせましょう。

さらにそのボタンの下のGainのつまみも右に傾けましょう
b3p.jpg

そうするとさっきの音がこんなふうに変わります



さらにLoFiボタンを光らせて、その下のBitsのつまみも2.0bit辺になるように
左に傾けましょう。
b4p.jpg

それで出来た音がこれです



最後にディレイ、リバーブ、コンプレサーを調整して完成です!!
b5.jpg

結果普通のキック音がこんなハードコアなキック音になりました




Batteryの過去のver.でも操作はだいたい同じですし、Battery持ってないよ
って方でも、歪ませてbit数を下げるという手順を踏めば同じような結果になると思われます。

ハードコアなキック音に憧れている方はぜひお試しください(^O^)/
タグ:battery
posted by Yuu-KiT at 18:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽制作講座 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/356339436

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。